モンスターカレンダー

« 2014年3月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31

私のエピレでのひざ下脱毛体験

私は先日、脱毛サロンのエピレにひざ下の脱毛をしに行ってきました。私はもともと体毛が薄いほうで、ほとんど自己処理が必要がないほど毛が薄いので、それほど興味はなかったんですが、学校の友達が一人だと不安なのでどうしても付いてきて欲しいということで、料金も安かったしついでだからいいかな、と思って行ってきたのです。たしかにエステサロンに一人で行くのはかなり勇気が入ります。カウンセリングの予約を入れて、当日は友達と恐る恐るお店に向かいました。お店は駅に近いビルの中にあって、意外と小さくて驚きました。エステサロンと言えば、もっと豪華お店だと思だとイメージしていたんですが、意外と敷居が低いというか、入りやすそうなお店で安心しました。受付のお姉さんも優しく出迎えてくれたし、すごく好感度が高かったです。
脱毛サロンで脱毛の施術を受ける場合はそのほとんどが前日また施術を受けるまでに自分でシェービングをしてくるように言われることが多いようです。


しかし、朝急いでいてうっかりシェービングをし忘れてしまったなんてこともあると思います。
脱毛サロンによっては注意(次回はやってきて下さい)をある程度受けることもあるようですが、レイビスでは何も言わずに施術前にシェービングしてくれるという口コミが多いようです。レイビスの脱毛 プランは要チェックです。


逆にレイビスの場合は毛の状態を見るためにも次回はシェービングせずに来るように言われることもあるのだそうです。
うっかりシェービングを忘れたときの対応が素晴らしいことはもちろんですが、毛の状態をしっかりと確認してもらえるんだという安心感が得られ、とても素晴らしい対応だと感じました。


脱毛サロンは技術的な面はさることならが、こういった接客においての評価も非常に重要になってくると思います。
レイビスのように老舗で破格のキャンペーンを取り入れながらも接客の手を抜かない脱毛サロンなら安心して施術を受けることができますね。

脱毛について

00kao.jpgこのときに使われている針は絶縁針というものです。皮膚の中だけに電気を通すようになっているので、皮膚にやけどをしたときのような跡が残る心配がありません。これと比べてレーザーを使った処理方法は、黒い色素に反応するようになっています。レーザーの光を照射できる面積が広いので、一回の施術で広範囲も部分のムダ毛の処理を行うことができます。そして痛みを感じることがあまりありません。あらかじめ毛を長い状態にしておかなくても施術ができるので、実際に施術を行う前に準備をしておく必要がありません。このように脱毛といっても日本ではたくさんの方法が行われています。その中で個人にあったものはさまざまです。希望する施術と方法が、自分にあったものかをしっかりと調べたうえで、脱毛を行うことが大切です。最近は医師やスタッフも悩みや疑問に対してしっかりと話を聞いてくれるので、一度聞いてみるといいです。
どこでも大抵、脇の脱毛は安い料金で体験してみることができるので、試してみるのもいいと思います。脇脱毛ならこちらを参考に→http://www.whole-bodycleanse.com/

毛の処理への情熱は熱い

脇は最新のレーザーで2年間のうち、12回通って綺麗に処理しました。あれから、かれこれ8~9年経ちますが、いまだ1本たりとも生えてくる様子はありません。レーザーの威力は素晴らしかったです。脱毛の歴史は深いです。やり方は多々あります。カミソリで剃る。粘着テープを貼って、一気にはがす。ピンセットで抜く。タワシでこする。毛を焼く。現在では、レーザーで光を当てる等いろいろです。日本ではレーザーが主流ですが、フランスなどは粘着テープが主流になってます。なぜなら、日本人の黒い毛質だと、レーザーが機能を発揮しやすいですが、フランスなどの、毛質が柔らかく薄い色の毛には、レーザーは反応しにくいようです。だから、痛みを伴う粘着テープでの処理でも、これが一番綺麗に処理するため、人気があります。大人の女性にとって当たり前の脱毛も、今や低年齢化しており、小学生もエステで処理する時代になりました。子供よりも、親の方が毛深い子供の将来を案じて、エステで毛の処理を勧めます。それくらい、女性の幅広い年齢層において、毛の処理への情熱は熱いのです。

MT42BlogBetaInner

カテゴリ

ウェブページ